言葉とアイデア わわわ

仕事紹介

写真家 上石了一 様
写真館「Hidamari Photo Journey」
写真家の上石了一さんが営む写真館「Hidamari Photo Journey」のコピーを制作しました。
上石さんは、その人のそのままの姿を、そこにある光や空気といっしょに、やさしく掬い取るように写す写真家です。それは、誰かに自分を良く見せるための写真ではなく、自分と対話するための写真。その一枚の写真を見つめながら、過去・現在・未来と、いろんな自分を旅することができる写真です。
上石さんと対話を重ねて「上石さんの写真とは」を探る中で、 「自分に話しかける写真」という言葉が出た瞬間が、もっとも上石さんの想いと重なったように感じました。彼が被写体の体温を感じてシャッターを切るように、僕が上石さんの想いを感じて写し撮った言葉であり、上石さんの写真が生まれるのと同じようにして、この言葉が生まれたのだと思います。僕も、その時そのままの温度をできるだけ残せるように、自分なりの暗室にこもり、余計な修飾をできる限り排して、純度の高い言葉に現像しました。
PAGE TOP